HTML5 の新機能

HTML5 の新機能についてはまだ確認できていない部分が多いが、まず新しい要素としてheader 、 footer 、article 、aside 、nav 、section など、 文書構造をより明確にする「セクショニング要素が大幅に追加されているのが特徴だ。 Webアプリケーションの機能を支える役割として、video 、 canvas 、 audio などのいわゆる埋め込みメディア要素、入力フォームの強化、 DOM,API 、アプリケーションキャッチ、ドラッグ&ドロップAPI 、文書間メッセージングなど、さらには Web データベースやWebストレージ、それからWebソケットなどのデータ通信API が定められているらしい。

このように、 HTML5のメインであるホームページからWebアプリケーションへ実現する機能がたくさん詰まっていることを大体でよいので理解しておくとよいかもしれません。 また、 XHTMLは複数の文書フォーマットを混合させるいわゆる「混合文書」を目指していたのに対し、 HTML5 はひとつの仕様だけで、ほとんどの作業を済ませてしまおうという点があるところに注目しよう。

◎WEB制作ならアドマノまで。