スタイルシート

HTML( HyperText Markup Language) を使ってマークアップさ れた文書は「構造化ドキュメン卜」である。簡易エディタなどで作成さ れたブレーンテキストは、非構造化ドキュメントといってよいだろう。文書が構造化されると機械処理が可能になり、見出しだけを集めてインデックスを自動作成したり、記事の要約やリストの生成などに利用することができる。インターネットから情報を得るには、検索システムを利用すればよいが、すべての文書が構造化されていないと、期待した結果にはならないことがある。マークアップというのは、コンピュータ プログラムが文書の意味を理解できるようにタグをつけていく作業のことだ。パソコンに限らずモバイルなどあらゆる環境で等しく情報を得られるメリッ卜がある。 ただし、構造化された機械向けの文書は、人には読みにくい。 Word などで作成した文書のように字体を変えたり、文字の大きさを調整するなど、見やすさ、読みやすさを演出するデザインが必要である。 Webブラウザは、 HTMLページを読み込むと、それぞれの要素にスタ イルを適用して表示する。たとえば、最も重要な見出し (h1 要素)をブラウザで表示すると、大きく太い文字になり上下に余白がつくられる。 このように、要素にスタイルが適用される技術を CSS(Cascading Style Sheets: カスケーティング・スタイルシート )と呼ぶ。 Webブラウザには、すでにスタイルシートが用意されており、 HTMLページを読み込むと指定されているスタイルを適用して画面 上に表示する。ブラウザがもっているスタイルシートのことを「デフォル 卜・スタイルシート」と呼ぶ。スタイルシートは、後から指定したスタイル で上書きすることができる仕様になっているため、新たにスタイル を指定すればデザインを変更することが可能です。