通信販売に関しては、「クーリング・オフ」規定の定めがされていない為、消費者側から、消費者都合による商品購入後の撤回を求める事はできません。【クーリング・オフ】・・・商品などを購入した消費者が、一定期間の間であれば、一方的に商品購入の撤回、解除などが行える法制度  通信販売では、クーリング・オフ規定が定められていないのですが、ネットショップによっては、消費者都合の返品が可能である場合があります。また、そのような消費者都合の返品が可能な場合でも、購入日からある一定の期間を過ぎてしまうと、返品が無効とされてしまったり、商品の返品に関する費用は、全て消費者側の負担とするような取りきめが、WEBサイト上に表示されているはずですので、商品の購入前の事前確認が必要となります。WEB制作においては、ユーザーが商品を購入する為のサイト画面の中で、事業主側は、返品に関する記述を明確に行わなければならないとされています。事業主は、WEB制作として、販売商品の返品の可否、また、返品が可能な場合の条件等を、分かり易く的確に表示しなくてはならないのです。ユーザー側としても、生活に便利な通信販売を利用して、商品購入を自ら行っているのですから、商品の購入前には、商品説明のサイズ、色見、素材、個数などの詳細な確認、また、商品到着後には、実際に注文した商品と相違がないかどうかなどの、購入商品の不備の有無を早い段階で、チェックしなくてはなりません。通信販売で商品を販売する事業主と、便利な通信販売のシステムを利用して、商品購入する消費者の間で、社会問題とされるようなトラブルが勃発するようであれば、WEBショップ自体の存在が、危ぶまれてしまいます。お互いに、定めたルールの中で、気持ちよく商品の販売や買い物ができるWEBショップを、事業主と消費者の信頼しあえる相互関係から構築していいたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です