ラベルを調べるべき情報源にはどういうものがあるかを考えるのも大事なことなのでご紹介していきましょう。「比較サイトと競合サイト」で説明します。サイトやアプリが適切でない、とか新しいアイデアを求めているというのであれば、他でラベリングシステムを見てみる必要があります。Webの開放的な性質のおかげで、私たちはお互いの成功から学ぶことができます。設計が非常に素晴らしいページを見るように、他のサイトの優れたラベリングシステムからいろいろと学ぶことが可能です。想定する顧客のニーズをあらかじめ決めておき、競合サイトを確認し、効果的なものだけを借用しましょう(ここで効果的なものとそうでないものとを区別するために、ラベル表を作ってもいいかもしれません)。競合他社がいなければ、比較できるサイトやその種で一番と思われるサイトを訪れるのもいいでしょう。Webはすでに様々な産業界特有の類型を生み出すほどに成熟してきています。複数の競合サイト、比較サイトを調査することで、ラベリングパターンが見えてきます。このパターンは産業界の標準ではないかもしれませんが、少なくともラベルの選択肢が分かるようになるだけでも十分有意義なことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です