筆者自身も時折目にするホームページ上の間が抜けた文章についてお話しして参ります。一般的なWEBコンテンツやビジネスの上で、間が抜けている文章とは、きちんとした定義付けが行われているわけではありませんが、皆さんもビジネス文書や Web 上のコンテンツを日頃から目にしている中で、何を言っているのかがわからない文章に出くわすことなどはありませんでしょうか。実際には目の前の事実や現状をシンプルに伝えれば良いはずの内容に、書き手である作者の判断や思いが装飾的に書き加えられていることで、その文章から何を読み取れば良いのかが、読み手である第三者にうまく伝わらないことがあります。このような文章は読み手にとっては魅力的なコンテンツには映らない可能性が高く、またホームページ制作においては、せっかくサイト上を訪れてくれたユーザー達が、コンテンツを目にしたとたんに早々に離脱してしまう可能性があります。ビジネスにおいても、魅力的なWEBコンテンツを作成するにおきましても、相手に伝わりやすい文章を心掛けることが成功の鍵を握る1つの要素となりそうです。