最近ではオンラインサロンでの活動を活発にされていらっしゃる方々が多く見受けられますが、オンラインサロンは新しく作られたコミュニティとして考える方も多いようなのですが、実際にはいつの時代にもそのような人々のコミュニティはいくつもあったのではないかと考えます。オンラインサロンはインターネットが普及する中で、個人的なサイト開設などを通じて主にオンラインでつながる人々との繋がりが、その関係性を築き上げているとは思われますが、インターネットが普及していない時代にあっても、人は人との交流の中で、様々な活動を行い人脈を築き上げてきたものです。現代におけるオンラインサロンという呼び名に何か嫌悪感を感じていらっしゃる方であっても、単なる人々の交流であると言う社交の場として受け入れることで、オンラインサロンという人々の交流の場をスムーズに受け入れることができるのではないでしょうか。実際に一言でオンラインサロンと言いましても、きちんとした目的を持った活動を行っているオンラインサロンもあれば、ただ単に時間を持て余した人々が交流を求め集っているケースもあることは確かなことでもあります。何よりも皆さんがオンラインサロンの中で、どういった目的を果たしていきたいのかといったような意志をきちんと掲げながら活動の糧にしていくことが大切なのではないでしょうか。