Web制作というプロジェクトの最初のステップとなる提案依頼。依頼する側とされる側の合意が成立すれば、契約をへて正式に発注者と受注者という立場になる重要な局面と言っていいでしょう。

ここでやり取りに使われるのが提案依頼書(RFP)。依頼する側にとっては、できるだけ広い範囲で依頼したいところであり、依頼される側では赤字覚悟で受ける必要もないはず。

ここでお互いの駆け引きが発生することとなります。場合によっては、お互い歩み寄りが必要となり、一方でどうしても譲れないと考えられるところは明確に意思表示が求められるでしょう。

ここでプロジェクトマネジメントという視点で冷静にその判断をする必要があります。