HTML5の位置づけ

HTML5は、W3C(World Wide Web Consortium)で策定されていたマークアップの仕様であり、 正式に2010年後半に勧告されました。もともとはWHATWG(Web Hypertext Application Technology Working Group) で、 google社に所属するスタッフが、ブラウザベンダー各社の協力してもらいつつ策定していたものだったが、そ の後W3Cにおける正式なプロジェクトとして認められたようである。 HTML5を開発するに至った経緯ですが、既存のHTMLやXHTMLに対するとてつもない批判精神がきっかけだったようだ。その批判というのが「動きのないホームページのみに対応した仕様設計であり、現在求められているいわゆる能動的なWebアプリケーションの制作には向いていない」というものだった。 また、現在のようにブラウザのアップデートが頻繁に起こっていて、 Webの可能性をさらに高める色々な機能がブラウザに実装され続けている状況では、ブラウザ実装主導型の仕様が求められていると言えるのではないだろうか。このことが、 XHTML2.0の 2009年中のプロジェクト中止と、 HTML5 への統合という かたちになってあらわれたのである。