HTML5の普及

HTML5が志向しているのはWebアプリケーション制作なので、当たり前ではあるが、まず進むことが考えられるとしたらWebアプリケーションでの採用が予想される。具体的には、ユーザーとのインタラクションが密で、データベースや他のサイトとの通信や連携が求められるサイトである。また、読み書きの能力の高い利用者像を想定した先進的なサイトが、 HTML5を積極的に採用するのではないだろうか。 逆にいえば、あまり動きが無く保守的な通常のWebサイト(いわゆる 企業サイトなど)では、 HTML5 に移行するメリットはほぼないかもしれない。特集ページや企画ページなどサイト内の一部での採用はあっても、全面的にHTML5にページをリニューアルするのは少々気が早く感じられる。たとえば E6をターゲットブラウザに含めなくても済むようになったころに検討するのが、現実的なシナリオだろう。